経口避妊薬ピルとは?

afterpill

経口避妊薬ピルの種類|避妊方法の紹介

経口避妊薬ピルとは?

経口避妊薬に避妊に用いられる女性ホルモン剤であります。日本では一般的にピルと呼ばれます。ピルは、黄体ホルモン(プロゲステロン)様作用を示すプロゲストーゲンとエストロゲンの2種類のホルモン剤で構成されています。これを毎日1錠づつ21日間飲み続け、7日間ピルを飲むのを休みます。この休薬期間の2-3日目より月経と同じ様な出血が起きます。これはピルに含まれるホルモン作用が消失して起きるため、消退出血と呼んでおります。7日間の休薬をおいた後、8日目より再び、新しいシートのピルを21錠飲みます。この繰り返しがピルの基本であり、また、21+7=28となり女性の定型的な28日周期を約束してくれます。

緊急避妊薬とは?
緊急避妊薬は、緊急避妊ピルまたはモーニングアフターピルとも呼ばれてます。望まない妊娠を避けるために開発されました。性交の直後または次の朝に飲むことで名付けられました。

1.緊急避妊薬のタイプー
緊急避妊薬は2つのタイプーがあります。
1つは「緊急避妊薬」というレボノルゲストレルを有効成分とする薬です。フランスで開発されました。
もう1つは、「モーニングアフターピル」という名前で、緊急避妊薬と同じ効果が出れるホルモン濃度の量の経口避妊薬(ピル)です。これには、製剤に含まれるホルモン量により、低用量と中用量があります。

2.緊急避妊薬の使い方
服用は医師の判断に従っていただければと思いますが、原則的には、性交後、72時間以内に緊急避妊薬(レボノルゲストレル含有)を1回飲み、その12時間後にもう1度薬を服用します。または、経口避妊薬の場合は、72時間以内に1回、その12時間後に1回飲みます。ただし、緊急避妊薬と言っても、事後の避妊効果は100%ではありません。72~120時間以内に服用となっていても、なるべく早めに服用するほうがいいです。

3.緊急避妊薬の副作用
主な副作用はつわりのような吐き気や、生理痛のような腹痛です。また、緊急避妊が失敗して妊娠したとしても、胎児には影響がないとの報告がなされています。理由は、妊娠時に身体から緊急避妊薬の10倍以上の女性ホルモンが分泌されるため。緊急避妊薬(経口避妊薬も同様)程度の女性ホルモン量では、胎児に与える影響はほとんどないです。

避妊に関する方法
・まず、避妊具を使用します。コンドームはラテックスやポリウレタンの薄膜をサック状にした避妊具で、膣に挿入する前に勃起した状態のペニスにかぶせて使用する。避妊具の中で最も一般的に使用される避妊具です。

・殺精子剤を利用した避妊できます。精子を殺す作用のある薬剤を性交の一定時間前に膣内に挿入し避妊を行い、女性自身の手で避妊することができる利点があります。欠点は錠剤やフィルム状の製品は膣内奥に留置するのにコツが必要で、溶解するのに時間が掛かるので、初心者では避妊に失敗しやすいです。

・また、外科手術をするのは避妊手段の一つです。不妊手術は卵管、または精管を外科手術によって縛り、卵子や精子の通過を止めることによって避妊する方法です。一度これら手術を行ってしまうと妊娠のためには再度手術を行わねばならないが、再手術の難易度は高く人工授精が必要になる場合もあります。

低用量ピルオススメ:避妊ピル購入|低用量ピル・JPDrug

アイピル

トリキュラー

ロエッテ